大和高原の自家用茶、春番


f0018942_22351483.jpg
【大和茶摘女&かみや園」の春番茶】
大和高原の昔ながらの自家用茶、春番茶。「春番(はーばん、はるばん)」と呼ばれ、新茶シーズンの前、越冬した茶が新芽を出す前に枝ごと刈り、茶農家の自家用茶にされていました。

近畿の自家用茶といえば、古くから伝承されてきた紀伊半島山間部の山茶「釜炒り茶」が有名ですが、この春番茶は、茶の産地ならではの「蒸し茶」になります。「自家用茶」への愛が、釜炒り茶と蒸し茶という新旧の製茶を和したのかもしれません。

f0018942_22360220.jpg
大和高原では、玄関におかれた火鉢と鉄瓶で、家の男性が客人に上茶(緑茶)をもてなす風習があります(今は電気ポットが主流)。しかし出荷用の上茶とは別に、玄関奥の台所、竈の茶釜から一日、春番茶の香りがたっているのが、家族の日常の風景でした。
ちょっと体調悪いときには、「春番、飲んどき」が合い言葉。秋番茶よりもさらにカフェインが少なく、健康にいい成分が凝縮された春番は、日々の暮らしになくてはならない存在だったのです。

その愛すべき「春番」の再生にあたってのアドバイザーは、春番に親しんだ世代である都祁の「大西武男商店」店主(大和高原文化の会会員)。90年以上の在来茶樹、長野の桶職人による特注の蒸桶、都祁の森林組合による蒸し台、福井の藁細工職人による筵(ムシロ)、高知の竹細工職人による竹籠。無農薬無化学肥料の自然栽培であることに加えて、自然素材の民具を使うことで、かつての地場産業の奥深さ、「自然と人の関わり」そのものを伝えてくれる、壮大な春番プロジェクト。楽しみ学びながら再誕した「春番」は、実に素朴かつ滋味な味わいです。


4月8~9日の「柳生さくら祭」にて、大和茶摘女さんが、この貴重な春番の桶蒸と茶揉みの実演をしてくださいます。冬を乗り越えたからこその春の味わい、ぜひご堪能ください!

f0018942_22383716.jpg

↑ベルリンやフランクフルトを中心に、欧州で活躍のLowMoneyMusicLoveを主宰するアレクサンダー・サン氏。日本の文化に関心が高く、目下、大和高原で茶仕事をお手伝い中。8日の柳生さくら祭では、「さくら」をイメージして、「さくらさくら」などを選曲してくださるとか。
このアレクサンダー氏のテクノ音楽にて「大和茶摘女パフォーマンス」もされるご予定。湯飲みのヘッドホン、坂本鉄工所(山添村桐山)のキャップという大和高原の最先端の流行を採り入れた装い。楽しみですね!


[PR]
by rupa-ajia | 2017-04-07 22:40 | 大和高原(地元ネタ)
<< 柳生が教えてくれたこと 8日(土)・9(日)第12回 ... >>