5/17・18【神人さんライヴ@Rupa&聖地ツアー】

昨日、西名阪国道の法隆寺ICを通りましたが、何とも言えない空気が漂っていました。しかし世界には、「何とも言えない」空気を通り越した、過酷な環境におかれている人々が少なくありません。http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/2008-03.html#20080321
http://hsasaki.exblog.jp/8528833/

ひるがえって、今の日本。
程度の差はあれ、少なくはない人々が、自分の本意ではない生き方を選択せざるを得ない状況にあります。歴史的に見て、もっとも自由に見えながら、もっとも不自由である時代。今の日本の課題は極めて潜在的なものですが、それは個人の意識と直結しているのかもしれません。
進行が懸念される地球規模での気候異常や災害多発も、個人の内なる意識とかかわっているように思えてなりません。

ところで、4月26日に長野の善光寺で法要が行われたように、今日5月10日に奈良の十輪院でも法要が行われるそうです。透明な意識での意思表明。
周囲のものものしい厳戒体制に比べると、とてもささやかなものかもしれません。
でもその精神は、決して小さなものではないと感じています。
祈りの声を上げ続けたいものです。

私達の祖先は、「日常生活」の中で、折々に祈りを捧げてきました。
それはあまりにもささやかだったため、ほとんど非宗教的で、日常そのものと言ってもいいほどの営みだったのでしょう。
大和高原には大小の石仏が散見されます。我が家の家の前にも石仏がありますが、息子が生まれて以来、出発や帰宅の際、無意識のうちに祈りを捧げるようになりました。捧げると言うとおおげさに聞こえますが、実際は、とてもささやかなもの…。

何があっても諦めずに続けられてきた小さな営みの先に、今の私が生きています。
今後、思いもよらぬ自然環境の変化が到来するかもしれません。そのときにも、足下、そして自身の内側を見ることができるでしょうか。古の祖先の強さは、どこにあったのでしょうか。

先日のGWに、愛知県常滑市で開催された「クラフト散歩市」に出店しました。(これがご縁で、「KANDA百貨店」さんに、ワタルの木のスプーンを置いてもらえることになりました)

会場となった旧常滑高校の教室で、地元の地域起こしの団体さんが展示をされていたのですが、ここで素敵な言葉を教えていただきました。
世間遺産。

05年に熊野市で開催された「世間遺産写真展」に共鳴し、常滑市でも始まった「世間遺産探し」。日常のなかにある何気ない宝物。心にいつまでもとどめておきたい地域の姿。100年後の子どもたちに贈りたい日常風景。 当たり前とされている小さなことほど、一度、失われてしまうと元に戻すことができない。

校舎の廊下や教室には、実に愛しい写真が貼り巡らされていました。
おばあちゃんの笑顔、古い常滑焼きが埋め込まれた路地の壁、まか不思議に盛り上がった道の凹凸!?
日常を愛することが、地域の自立と平和につながっている。
その写真は、祈りそのものでした。

世界中の人々が、自分が暮らす地を心から愛することができますように。

ささやかで身近なことを、大切にすることができますように。

・・・
今度の週末、ささやかな祈りの集いをRupaで開催します。
大きな変化が顕在化しつつある今こそ、内なる自分の声に耳を澄ましたいと思っています。
ささやかな、でも力強い声に。
★*********************************************☆
    ~日月出づる処の東山中より~
  神人さんライヴ@Rupa&大和高原聖地ツアー
   5月17日(土)18時~・18日(日)9時半~ 
☆*********************************************★転送歓迎
シンガー・ソング・ライター&シャーマン&ヴィーガン(完全菜食)料理人のタケさんこと、神人さん。
京都のヴィーガン・レストラン「CAFE★PEACE」を辞め、今年からいよいよ自らの役目を果たすべく、唄語りに専念。「戦争も飢えも、人間による動・植物の殺戮もなくなり、地球が喜びに満ち溢れた生命体(ほし)となりますように」をテーマに地球の未来を願う“祈り唄”を歌います。神人の祈り唄は、シャーマンとしてのチャネリングライブ。祈りの言魂による幽現不二の世界です。
http://homepage2.nifty.com/kamihito/kamihitolivevideo1.html
(2番目のライヴ録音、秋田の唄垣の節回しとそっくりなのです)

『日月地神示』の「うれし、うれしの世」とは、どのような世界なのでしょう。変化の時代である今、環境・飢餓問題、未来の地球、食について、本当の思いで語り合い、目を開き、耳を澄ましてみませんか。それは覚醒への始まり。新たなる世界の拡がり。

神人とは、神=地球に、感謝し、生きる人。

◆前座:総子、近藤直子
        http://hasumonia.exblog.jp/
       http://ameblo.jp/hasumonia/
◆ライヴ後の交流会(玄米菜食の料理つき1000円)も☆

◆「霊伝」◆ご予約受付中(18日)
今、これから必要なメッセージを神人よりお伝えします。御守護されておられる方よりお伺いし、お伝えします。神人の御守護されておられる方より御伝えさせて頂く場合も。17日のライヴ参加者の方のみご予約可能。1000円(飢餓救済募金500円込み)。17日の霊伝ご予約は締め切らせて頂きました。

★*********************************************☆
  神人さんと巡る大和高原イワクラ聖地ツアー
   5月18日(日)朝9時半、Rupaに集合 
☆*********************************************★
縄文早期・草創期の遺跡が数多く発見され、縄文発祥の地ともいわれる大和高原。古くから信l仰されているイワクラ(巨石)の密集地。新緑の季節、神人さんとともに聖地を巡り、古くて新しい存在との交歓を通して、新たな扉を開けてみませんか。
・参加費2000円:限定10名様のご予約制(玄米菜食のランチつき)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★17日のライヴ
 1500円【交流会1000円別途・玄米菜食つき:交流会はなるべく予約を】
★18日のツアー
  2000円【限定10名様の予約制・現地での玄米菜食ランチつき】
★18日の霊伝
  1000円【予約制・17日のライヴ参加者のみ】

◆今回は、ことさら生命の尊さを体感するライヴです。多くの国々で多発している飢餓問題にも目を向け、お一人500円~ の救済基金をお願い申しあげます。
◆宿泊ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。17日夜は神人さんも宿泊されます。現在、2階が満室のため、寝袋ご持参にての男女相部屋となりますことをご了承くださいませ。

☆★☆お問合せ・会場・ご予約先
 アジア食堂Rupa
  0742-94-0804
  rupa@kcn.jp
  http://rupa.exblog.jp/

お越しいただける方々が創り出す、いとも不思議な時空。
今回は大きな節目になりそうな予感。
[PR]
by rupa-ajia | 2008-05-10 02:36 | イベント(ライヴ・ワーク等
<< 17・18日【神人さんライヴ@... 佳き選択 >>