4月11日(土)・12日(日)【柳生さくら祭】(随時、情報更新中)

f0018942_14153523.jpg柳生さくら祭」は、4年前、柳生石舟斎様の没後400周年を記念し、多くの皆様の温かなご支援によって奇跡的にスタートした祭。一昨年は俳優の千葉真一さんが、昨年は古武術研究家の甲野善紀先生が来柳されました。ステージには、めくるめく地元の方々、外からの方々、老若男女、有名無名、ノンジャンルで多様な皆様がご出演してくださいます。共通するのは、柳生への純粋な思い。補助金などはほとんどなく、心ある皆様の思いと行動だけで企画・準備し、実現させる祭。
皆様の思い、柳生の自然・歴史・暮らしが包み込む祭会場は、まさに地上天国の様相
  本当にありがとうございます。
未熟者の移住者ながら、一昨年の実行委員会の立ち上げから参加させて頂いたことを、本当に幸せだと感じずにはいられません。 今年も、ご出演の皆様をはじめとしまして、関係者一同、慎ましくも晴れやかに、ニンマリしながら準備を進めてきました。
  ハレとケの柳生を感じてみたい方、今住んでいる地域を見直したい方、
  とにかくご都合宜しければ、是非是非、お越し下さいませ!

★*********************************************★
 ★☆★ 柳生さくら ★☆★
4月11日(土)・12日(日) 10時~夕方4時頃 
会場:柳生陣屋跡(Rupaの東隣)雨天時は中学校
★*********************************************★
転送歓迎
主催:柳生地区自治連合会・柳生観光協会
主管:柳生さくら祭実行委員会
後援:柳生地区万年青年クラブ・消防団柳生分団・柳生小学校・柳生中学校・柳生保育園・布目保育園・市柳生公民館・柳生剣友会・日赤奉仕団柳生支部・神護山 芳徳寺・柳生花菖蒲園・柳生地区スポーツ協会・柳生青年団・邑地青邑会・丹生青年団・ネットワーク「やまんと」
●柳生賑わい市(2日間)
柳生を中心とした大和高原の名物品や、「柳生大好き」な方々の手作り品など、自然農の野菜、茶、柳生木炭組合の炭、柳生名物の竹杖、天然酵母パン、自然食品など、心とカラダに美味しい素敵なモノが勢揃い!ユニークなもの、いっぱい! 草笛おじさんに草笛を教えてもらうもよし! 子どもも大人も一緒に、みんなでつく、千本付きの餅つきもあるよ♪

4月11日(土) 10時~16時まで、びっしり。
・柳生リトルギャング(柳生保育園・園児・卒園生の親子有志)
・村上さん(フルート:興ヶ原)
・せんとくん・まんとくん (奈良県の中心部)
・田原太鼓(大和高原の雄!!いつもお世話になっておる田原・柳生地区のメンバーさん)
・NENEYA(兵庫)
 「本当の自分の気持ちを声に出したくて、生まれた言葉に曲をつけて歌い始めました。万葉の歌を歌い古代人の魂や感性に触れることが、ダイレクトに気持ちを表現出来るきっかけに。歌う時に生まれる、心と心が触れあえる感覚が大好きです」
・柳生地区♪町自慢♪歌自慢(各自治会長ご推薦の唄者によるカラオケ大会♪)
・鈴鹿野郎舞一座(大道芸・鈴鹿)
 念願の加藤さん・あんずさんファミリーがご登場!赤ちゃんのときに来柳してくれた、ひろみち君。今回はステージで大道芸を披露してくれるなんて~♪
http://www.geocities.jp/katomiki_yaromai/
http://annezzz.blog67.fc2.com/
・長谷川流棒術(柳生のご婦人方による演武)
  柳生下町の長谷川家に伝わる武術。源流は鞍馬兵法と言われ、江戸中期の長谷川武英が中興の祖。同家の古文書の一つ「天逆鉾之巻」(武英の時代に編纂か)には、イザナギ・イザナミが国生みの際に用いた天逆鉾や、天照大神の宝棒より展開された旨が。口伝では、京から逃れる途上の常磐御前が常磐の森(大柳生)で産気づいた折、通りがかった長谷川金右衛門が柳生に連れ帰り母子を介抱し、後、成長した源義経が、お礼に金右衛門に鞍馬で術を教えたという。長谷川先生より教えを受け、60年ほど前に地元の婦人会が基本の型を継承。その後、途絶えたものの、「柳生さくら祭」を契機に地元で再結成。
・柳生二蓋笠会(柳生新陰流の演武)
 柳生新陰流江戸型は、数々の先達の皆様のご尽力により継承され、今は柳生二蓋笠会の皆様が引き継いでくださっています。真摯なご対応、柳生への度々のご足労、本当に有り難いことです。演武をご覧いただき、本当の美しさと強さ、その心を感じて頂ければ幸いです。 会で長年、鍛錬されている「柳生天狗堂」さんサイト
・MIROKU森羅万象音楽家:橿原)
 自然音やカリンバ(アフリカ親指ピアノ)を中心に民族楽器、電子楽器などで独創的な音楽を表現。東京生活を経て故郷の奈良に帰り、自然農を勉強しつつ明日香に畑を借り、ライブ活動、田畑、雑穀、菜の花畑などをする日々。
・マグネシューム(阪原ご出身のKさんの歌とギター)
 昨年に引き続き、京都の大学に進学後も、ご出演のために帰ってきてくださいました。
・総子/ふさこ(癒しの音楽:東大阪)
 三度の出産、育児、育自の暮らしの中で、 自分の内側の探求が深まり、いつも心を蘇らさせてくれる自然や、目に映る総てをしっかりと支えてくれている、目には映らない世界の瞬間を、音とコトノハで、恩返しとして表して生きるように。即興「ぴあのうた」と称し、癒しの手伝い人の卵としてご縁のある方々に届けてます。
・りんどう(歌とギター・和歌山)
 虹色の靴を履いた詩人。20年ほど前から、ワタルがファンです。私は『河の声が聞こえる』がお気に入りです。 「河の流れは血の流れ  こころをはこぶ  川向こうを夢見て  人は歌い語り明かした 風は流れをはこび  水はこころをつなぐ Voice of the river♪」是非、独特な音と言葉の世界を堪能してください。
・錦会(「里の花吹雪」舞踊:柳生)
 中宮寺で練習を重ねてきました。柳生を底から支えてきた女性達の心意気。しみじみと、感動します。
国府利征 ソロ ピアノ 即興ライブ(月ヶ瀬)
 WINDS OF ASIA主宰。70年代日本の音楽シーンをリードした幻のバンド、ソー・バッド・レビューの元メンバー。ジャズ、ロック、ソウル、ブルースなどの音楽的バックボーンの上に、前衛、民族的な要素を取り入れ、独特のスタイルを構築。スイスのモントルージャズフェスティバルへの出演を始め、L.A や N.Y などの海外でも活動。国内外の著名な音楽家との共演多数。
・初日のフィナーレ「柳生音頭」(柳生地区内の3団体など)
 あっぱれ、柳生の方々の心意気を存分に感じてください。

☆★☆夕方、ステージ終了後。みなさま、提灯灯る陣屋跡かいわいで、地元の方々とともに、祭の余韻をお楽しみくださいませ。
※Rupaにてお泊まりの皆様へ
16~18時半までの間に、「レイクフォレスト」(車で10分近く:割引券、入手しときます)、または笠置「わかさぎ温泉」(車で15分近く)で入浴を済まされることをオススメいたします。湯冷めしないよう温かな服装で戻ってきてください。 http://www.lfr.co.jp/spa/02.html

☆★☆「柳生さくら祭ナイト」のスタート前に、東京からお越しの山田眞由美さんが、
フラのワークショップをしてくださることになりました
☆★☆(無料)

 3年前、箱根で出会った眞由美さん。指圧(?)もスゴイです。久々の再会が楽しみ~。。
 97年よりフラを始める。98年に占い師にハワイに行った方が良いと言われ、オアフに飛び、02年までハワイでフラを学ぶ。カピオラニ・ハオに師事。後、日本とハワイを行き来しフラを学ぶ。現在は、地元築地で募集はせずに頼まれた人にだけフラを教える。「ハワイの神々を通して八百万の神々と日本のすばらしさを再認識できることを感じて欲しいと思っていす」。

 ☆★「柳生さくら祭ナイト@Rupa」11日夜の大宴会★☆18時半スタート!
11・12日にご出演の、数多くのミュージシャンたち・「やまんと」関係者たちが、Rupaに総結集!
めくるめく繰り広げられるノンジャンル・ライヴ・セッション。スリリングな出会いの嵐。老若男女、みんなで生み出す感動の響き合いです 毎年のように、心に残る出来事が勃発。これを契機に、人生が変わる方もおられます。
  参加費:1500円・子ども800円(マイ箸・マイ皿・マイ布巾・マイコップのご持参、歓迎)
        (玄米菜食の夕食付き・料理の持ち寄り大歓迎・なるべく予約を)
  手弁当のミュージシャンへのさらなるお志、大大歓迎!!(投げ銭タイム有)

    ~一夜明けた柳生の朝は、嵐の前後の静けさ。
          クライマックスに向け、2日目もさらに盛り上がる~

4月12日(日) 10時~16時まで、びっしり。
・関西大正琴アンサンブル「和(なごみ)」須川教室 (大和高原)
  3年目のご出演。繊細かつ逞しい音色が、琴線に響きます。
・花柳(田原・柳生)
  田原と柳生の、選りすぐりの強力ダンサーたち。 山にこだまする、逞しきYOSAKOI!
・小野派一刀流(大阪支部) 演武
 流祖小野次郎右衛門忠明が一刀斎直伝の一刀流の正統を継ぎ、小野派を冠したという小野派一刀流。柳生新陰流とともに、将軍家(徳川秀忠)のご指南役になったというご縁。柳生にお越しいただける計らいに、感無量です。http://www.doujyo.net/choseikan/
・遊武会(大阪)
  関西屈指の武術集団。石田泰史先生率いる「遊武会」の皆様による演武。今回は、居合術、杖術、体術の演武。、「武術・生活・カラダ」。是非、ステージ近くにてご高覧くださいませ。
・柳生木炭組合の皆さま&柳生の刀匠 江住先生からの「たたら」の説明+古式砲術鉄砲隊
炭焼チームと、刀鍛冶チーム。日本古来の心を重んじる両者が意気投合して、今回、祭会場にて「たたら」製鉄実演が実現しました。ステージ上で、その心意気を語って頂きます。さらには火縄銃の空砲実演も!まさに「もののけ姫」の世界です。
・関西大正琴アンサンブル(奈良市中心部の教室の皆さま)
・せんとくん・まんとくん(奈良県の中心部)
・常磐会(雅な創作日本舞踊・大和高原)
 柳生地区の華。あでやかな着物にもご注目を。着物を一度着替え、再登場。
・青柳会(民謡・歌・三味線・お囃子・太鼓:大柳生)
 「柳生さくら祭」名物。「若松様」など、桜にぴったりな民謡の数々に、思わず踊ってしまいそう☆
・長谷川流棒術(柳生のご婦人方による演武) 11日に引き続き、ご堪能ください。 
・やのん絵本ライヴ&SEIYA(京都)
 「柳生さくら祭」始まって以来、4回目のご出演。子どもから大人まで、夢をふくらませてくれる。音と言葉で、時空を超えた旅に出る。 いつも本当にありがとう!
・カルマンド&コラソン(フラメンコ&スパニッシュギターアンサンブル:柳生町その他)
 柳生で花開く、情熱のフラメンコ!!
・春木和清&吉川弾(神戸)
 今年もご改名!(ののさま→弁天太朗→春木和清)。地元のおっちゃん達は未だに「ののさま」と呼び、パンフにも「弁天(ののさま改め)」の印刷が。音楽は、昨年も一昨年も、涙でよく桜が見えないほど最高でした。 生きてて良かったと思える歌です。
・奈良ジャンベの会(奈良市)
  お馴染み、原始人パワー炸裂、しんちゃん達の元気いっぱいなジャンベ!オリジナル曲をひっさげて、いろんなファッションでの飛び込みの踊り、大歓迎。手作りジャンベも見てね。
・やまんとバンド(大和高原)
 伊川健一&さえちゃん、こ山さとし、他、超個性的な「やまんと」関係者が珍しく一同に勢揃い!
・錦会(「春の坂道」舞踊・柳生)
  「春の坂道」を、堂々と踊って頂きます。 柳生をしっかりと支えてこられた大地のような女性たち。いつも本当に頭が下がります。 いつもありがとうございます。
国府利征 WITH 山浦庸平
(鍵盤&打楽器:月ヶ瀬、生駒の田原)
  11日に引き続き、天才的な音世界で炸裂して頂きます。
・2日間のフィナーレ「柳生音頭」(その場にいるすべての皆さま)
  ここまできたら、だれもが柳生の里人。 ステージと客席の境界が消えます。

   ・~~みんなで撤収タイム 充実した2日間を振り返りつつ。
   ・翌13日は、遠方からのお客さんたちと一緒に、放心状態で柳生を散策…。

★☆★世界初!?「たたら」製鉄を祭で操業!(12日・会場の東側:東屋の近く)
「たたら」とは、土製炉に木炭と砂鉄を投入して鉄を作る、日本古来の製鉄法のこと。映画「もののけ姫」で有名になった「たたら」による和鋼は、日本刀の素材になる最高水準の和鋼を生み出します。刀匠 江住有俊氏が構える 柳生の「有俊鍛錬道場」では、良質の玉鋼を調達するため、「たたら」で自家製鋼を行っています。江住氏の弟子、小守良典氏が開発・改良した移動式のたたら炉で、「柳生木炭組合」が古来の手法で焼き上げた木炭を使用。日本の心を尊重する両グループの共同作業なのです。先人から次代へと、技と心を継承する営み。「柳生さくら祭」で、どんな和鋼が生まれるのか、乞うご期待!是非、ご見学にお越し下さい。なお当日、「たたら」付近で、武士装束による古式火縄銃の空砲実演や、真剣による居合いの実演も(ステージ裏手)。
・刀匠 江住有俊 氏
85年から柳生に「有俊鍛錬道場」を構え、大和伝を中心とする刀剣を製作。刀匠会の役職を歴任し、多数の受賞歴・出展歴を持つ。心の琴線に触れる、優れた刀剣を世に出し奉ずるため、採算を度外視し、ひたすら鍛錬の日々を送る。

☆★☆12日は、親子で木工体験ワークショップも
講師:田中徹さん(奈良市内:ぎゃらり集)
ウッドバーニングの用具を使って、絵を焼きながら木工アートづくり(参加費250円)☆ 
子どもたちに人気の竹馬やゴム鉄砲遊び体験コーナーもあるよ♪

12日は【癒しの文化祭@Rupa】も同時開催
12日のRupa店内は、【いつものお食事・休憩処】に加え、各地からそうそうたるご出展の皆さまも勢揃い。アジアン雑貨・癒しのCD・楽器・天然石アクセサリー、チャネリング、スピリチュアルカウンセリング、タロット、アロハヒーリング、アロマワーク、朗読、音楽などなど…。アットホームなお茶の間スペースで、【春の柳生地区文化祭(さくら祭)+癒しの文化祭という、ディープな世界をご堪能くださいませ。解散:19時(その後、みんなで、まったり夕食:ご予約制)
お問い合せ http://m-pe.tv/u/page.php?uid=miwa333&id=1

●「柳生さくら祭」会場:柳生陣屋跡 (Rupaの東隣)
●持ち物 マイ箸・マイ皿・マイ布巾・マイコップ
●お問い合わせ:アジア食堂Rupa  http://rupa.exblog.jp/ rupa@kcn.jp

※「柳生さくら祭」期間中のRupaは・・・無農薬・無科学肥料の玄米を使ったRupa風ベジタブル玄米カレーなどを、祭り特別価格の500円で。約20種のスパイスをゴリゴリしてつくりました。国産小麦のピザやカルツォーネも、随時、焼きます!Rupaでご注文いただき、祭の会場でお召し上がりいただくのもOK。祭のほとぼりを冷ますのに、ゆっくり休憩してくださいね。

※11日の夜、Rupaで宿泊ご希望の方へ
【お早めの要予約】。今回は寝袋や布団ご持参での格安・相部屋宿泊です(2階での通常宿泊は、女性優先)。同室のご希望など、詳細はRupaまで、お早めにお問い合わせください。 とにかく、宿泊込みでのご参加がオススメ! 2日間かけての壮大なワークショップといった感じです☆
[PR]
by rupa-ajia | 2009-03-25 14:38 | ◆柳生さくら祭
<< カミ芝居 虹の聖地 >>