深き淵より、いと高き処へ ~御子の誕生

 4月22日はアースデイ。和合の日。昨日22日は、いろんな用事が一段落したので、4月の「柳生さくら祭」でいただいたテーマ「陰陽和合・飛翔」に意識を合わせて、数字のイメージでちょっと遊んでみましたf0018942_13261686.jpg
 手元には、「17」と印刷されたシールが48枚。
 4月26日に「アースデイ@はまでらこうえん」に出店させて頂くことになったのですが、総出店数「108」のうち、Rupaの出店番号は「17」番。で、Rupaのあらゆる荷物に、この「17」の数字を貼り付けることになったのです。 アースデイ会場の浜寺公園は、堺市。108という、この世を象徴する会場に、「境・境界」から立ち上るエネルギーが渦巻きそうですね。
 境界に祀られるサイの神は、ムラを守護する道祖神。道祖神の多くは、夫婦神、つまり陰陽和合の象徴。境界は、異なるものが和合するゼロポイントであり、陰陽和合は新たな再生のエネルギーが生まれる処。
 浜寺公園の「浜」。浜は、海と陸の境界であり、神の寄り付く座でもあります。4月22日、4+22=26。半年前の10月26日は「みやと祭」。奈良県庁の中庭にある八角形の泉の前で開催されました。みやと=マイトレーヤ。創始の26。

 次なる焦点は、5月17日に開催される、古神道数霊研究家・整体師の深田剛史さんたちの講演会。『数霊に秘められた宇宙の叡智 in 奈良 ~聖徳太子と日本の夜明け~』
 少し前、知人のブログで「四天王」が話題になっていました。それで5月17日の出店のお声がけを頂いたのですが、この「四天王」から、3年前の箱根での四方位のウガンや、大和高原の「山の神」神事を思い出していました(下写真撮影:小山公久)。
f0018942_13265181.jpg
この神事は、1月7日に、山の神の聖地で、竹や木でつくった御幣や棒を4本、正方形につきさして大地に立てる祈りの儀式。正方形の中央には、他の4本よりも高い棒を立てて、頂点にミカンを刺します。この5本の棒を大地に立てる作業を「クラタテ」と呼ぶのですが、これぞまさに、陰陽和合のエネルギーを中心に生み出す作業。クラは、神座の座、神の座す処。中央の棒が他4本よりも高いということは、そこが中心の座(クラ)であり、「飛翔・上昇」を意味しています。ミカンは太陽。
天地をつなぐ通路の扉を開け、クラに新たなエネルギーを降ろすのですね。ピラミッド。

 この四方位、つまり四天王(須弥山や須弥壇)の作業の中で重要なのは、中心に立てる、天と地をつなぐライン、柱、光の道です。これこそが陰陽和合の象徴。多様な表現ができますね。例えば火と水、男性性と女性性、北と南、東と西、右と左、天と地、過去と未来…。
 降りてきたイメージは、まずは下向きの【】です。
 天とつながるためには、まず地を目指さねばならない。
 大地としっかりつながったら、天ともつながることができる。
 方角に変換して表現するなら、南北のラインをつなぐには、【北から南へ】降りる必要があるということ。
 十二支で言うなら、北は子、南は午。北は北極星の象徴、中心点であり、そこは新たな生命(太子、御子)が生まれる要となります。
 でもその母体は、南(午)。馬小屋で御子が生まれたり、馬に稚児が乗せられたり…、それはおめでたい陰陽和合を象徴しているのかもしれませんね。
 さて5月17日は、滋賀の高島で「風人の祭」も開催。今回、ワタルは滋賀の高島に亘って「風人の祭」に参加し、私は奈良の「数霊」に参加(先に北の「風人の祭」に誘われていたので)。ところが反対に、滋賀の「土鍋カフェのやっちゃん」は、17日は奈良の「数霊」に参加(何故かワタルはやっちゃん達の引っ越しを2回、手伝ったことが)。つまり男性陣が動くことによって、南北のクロスが生じます。

 近江の高島と言えば、奈良の長谷寺とのご縁が深い。 高島の三尾という地に流れ着いたご神木が、めぐり巡って大和の長谷に辿りつき、十一面観音に彫り上げられて、長谷寺の御本尊となりました。その十一面観音が造られたのは、長谷寺の向かいの天神山の「三燈の嶺」。三つの灯火が輝いたのを見た徳道上人が、そこで彫られたといいます。三つの火といえば、沖縄ではヒヌカン(火の神)のイメージ。長谷寺は、毎年「だだおし」という火祭りがあるそうです(修二会の最後の火祭りですね)。西国三十三観音霊場第八番札所。

 方や、近江の琵琶湖は水の神。高島にも長谷寺があり、十一面観音がおられます。近江西国三十三霊場第七番札所。奈良時代、奈良の長谷寺の十一面観音と同じ木から彫られた御本尊(総本山は奈良)。

 北と南に分割されたご神木が、それぞれ観音さまに。
水・北(近江の7番、長谷寺)の十一面観音さま。火・南(大和の8番、長谷寺)の十一面観音さま。
南北・陰陽和合すれば、 1   1
                  ※
                1   1
クラタテ神事の4本の棒が建ちます。その心は22。
陰陽和合の中心点の扉が開き、飛翔することによって、新たな生命が再生される時空。
この22で気になる流れが、5月17日に王寺駅北口の東館5階にて開催されるイベント。
5+17=22。 地の5、天の北極星1・北斗七星7。

 この王寺駅は、実は私の実家の最寄り駅。ここでようやく、聖徳太子の登場です。
 聖徳太子のエピソードの中でも、かねてより私が気になっていたのは、王寺町の達磨寺の創始伝説「片岡伝説」でした。

 聖徳太子こと厩戸皇子が片岡の山を通りかかったところ、飢えて瀕死の異人に出会い、食物と自分の衣服とを与えた。翌日、様子を見に行かせると、すでに息絶えていたので、丁重に葬った。しばらくして墓の様子を見に行かせると、死体は消えており、衣服だけがたたまれて、棺の上に置かれていた。これを知った里人は、「あの異人は達磨禅師の生まれ変わりに相違ない」と言い、聖徳太子が自ら刻んだ達磨像を祀ったのが達磨寺の始まり。

 何故、片岡伝説が気になっていたかというと、私の実家の住所が、片岡にちなんで名づけられた処だから(番地を足すと22)。 この片岡伝説の意味ですが、私にとっては、これも陰陽和合。しかも究極の陰陽である、生死の和合。死と再生。
 死体が消えているという点は、キリストの復活そのもののイメージですが、このとき聖徳太子は、生死を統合された、究極の陰陽和合を果たされたのだと感じています。ちなみに達磨は、イエスの十二使徒のトマスだったという説もあり、アラム語では「双子」という意味。
 さらに片岡の「」は、【二にして一なるXの一方。すなわち、二つの構成要素からなる全体のうちの一方を指す】ときに使われる言葉だそうです。

「片岡・達磨」という言葉を通して、もう一人の自分に出会い、衣食を与えることで、生死を超えて和合を成し遂げたことを意味しているのかもしれません。陰陽和合・次元上昇を成すためには、もう一人の自分と出会うだけではダメなのです。
【私を手放す】ことで、成し遂げられるのです。

 ところで達磨寺の近くには、片岡神社(聖徳太子の叔母、片岡姫の創始。片岡姫は、太子のウナリ神:沖縄風に解釈すれば)、放光寺などが集まっています。ここからさらに、私の個人的な課題に突入するのですが、片岡伝説に登場する「片岡の山」の片割れ、ペアが、我が故郷に思えてくるのです。ミクロとマクロはパラレルにつながっているので、一人一人の神話は常に「今、ここ」に、創生されているのでしょう。
「岡」を、「陸(おか)」とするなら、海に対する「岸」につながります。
 片岡伝説の 片岡(天)と、故郷(地)。ペアとなる両岸、彼岸と此岸。
 堺を流れる三途の川(葛下川)。織り姫と彦星。天の川。

 思えば、自分の故郷を見て見ぬふりしてきたかもしれない私がいます。新規開発されたニュータウン。3歳で引っ越してきたときは、周囲は山と田畑ばかりだったのが、今はすっかり開発しつくされました。
 しかしよく考えると、身近な自然の中で遊びまわった幼い頃の思い出は、私の一生の宝物。一面に広がるクローバー畑で根っころがって、花輪をつくったり、四葉のクローバーをどっさり見つけてとったものです。クローバーの葉のひんやりとした心地よい感触。今もありありと思い出すことができます。庭で飼っていたチャボのことや、ザリガニや亀釣りに行った池や川のこと。
 まぎれもない、私の大切な故郷。大切な人々に育てられた、私の故郷なのです。この地がなくては、今の私は存在していなかったでしょう。今もコンクリの下には、母なる大地の呼吸が息づいているのです。
 我が故郷の町のシンボルは【ペガサス】。
 南・午・地から、再び天へと飛翔できるでしょうか。

 北の11・七番、南の11面観音・八番。陰陽和合22が成され、九へ飛翔。
 法隆寺の百済観音・救世観音・弥勒菩薩。七転び八起きの達磨さま。
 天から地へと転がり落ちて、再び地から天へと起き上がる。そこに立ち上るミロクの光。

 さて柳生と、八角形の噴水がある奈良県庁は、国道369号でつながっています。柳生と言えば、平和の剣、柳生新陰流。創始の柳生一族は、江戸徳川家の【御指南役】。
 王とは、天地(北南)をつなぐ者。天(北)を目指すには、まず地(南)を指し示す必要があったのです。南・イザナミのエネルギーとつながることこそが、北・イザナギとつながるための、大いなる守護。それは、内なる自分自身の深みに降りてから、自らの高みへと上る作業。

 私は、牡牛座の満月の日、大阪府八尾市の八尾市民病院で生まれました。曽我一族と物部一族が、神仏をかかげて戦った、一大激戦地跡とされている場所。病院の前は、物部守屋の墓、すぐそばには聖徳太子ゆかりの大聖勝軍寺。病院の敷地には、巨大なイワクラと皇族お手植えのヒマラヤスギがありました。この出生のためか、異なるエネルギーがぶつかりあう、その境界、ハザマに立たされる機会が、常々、巡ってきます。
 境界こそ、陰陽和合の聖地。で、陰陽和合のお手伝いをしようとして、いつも七転び八起き。今年の誕生日も、きっと七転び八起きでしょう!
そして、陽はまた上る。

 さクラの花びらが舞い散ったなら
 ワタシを手放し、すべてを手放して、羽ばたけばいい
 迷わず、羽ばたけばいい
 極北の太子、頂点への帰還
    生まれ出よ、新たな生命

 ククリガミ 白羽広げし 8ツカのツルギ

  クロス

   日月出づる処へ
[PR]
by rupa-ajia | 2009-04-23 13:12 | 外部イベント参加・出店
<< 柳生の里は、酵母も元気! 本音 >>